adsense

2018年7月7日土曜日

デジタルフォレンジック資格の公式ガイドに調査ツールとして掲載されています

デジタルフォレンジック(犯罪捜査などで、コンピュータなどに残る記録を収集・分析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術)の国際資格であるCertified Cyber Forensics Professional(CCFP)の公式ガイドにwww.iputilities.netが攻撃元IPアドレスのGeoロケーション調査ツールとして活用されている事例が掲載されております。




Cyber Forensics Professional(CCFP)については、こちらをご覧ください。


2018年5月19日土曜日

Geo Databaseの情報を最新にアップデートしました

長らくアップデートができておりませんでしたが、久しぶりにGeo Databaseを最新にアップデート致しました。
どうぞ宜しくお願い致します。

2015年11月7日土曜日

リファラスパムによるアクセス増

最近なぜかロシアからのアクセスが増えたとおもって調べたら、アクセスの多くがリファラスパムでした。

リファラスパムとは、リファラ(参照元サイト)を偽装して、様々なサイトに大量にアクセスするスパム行為です。

Google Analytics等のアクセス解析ツールをつかってリファラをチェックする方は多いと思いますが、これを逆手にとり参照元サイトのアクセス増を狙うものです。リファラに記録されているのは下記のドメインで、サーバ所在地はモスクワでした。

http://www.iputilities.net/result.php?userip=alibestsale.com

リファラスパムを発見したら、"referrerspam"でタグ付けをお願いします。

2015年10月26日月曜日

masscanによるスキャニング

去年あたりから結構アクセスがきてましたが、最近でもmasscanによるスキャニングの形跡が時々ログに残っています。


User-Agent はこれです。
"masscan/1.0 (https://github.com/robertdavidgraham/masscan)"

githubに書いてある説明によると、6分以内に全インターネットをスキャンできるとのことで、1分間に1千万パケットを送出できる最速のスキャナらしいです。
heartbleedやshellshock, MS HTTP.sysの脆弱性があるホストの探索をインターネット全体(0.0.0.0/0)にかけているようです。


最近、当サイトに対してmasscanをかけてたのは下記のIPです。
http://www.iputilities.net/result.php?userip=24.185.136.176


もし見つけたら"masscan"でタグ付けしてください


2015年10月25日日曜日

Chromeの拡張機能を公開しました

Chromeの拡張機能を公開しました。

Chromeの拡張機能のアイコンをクリックすると自分のIPアドレスとその所在地がポップアップで表示されます。


Chrome ウェブストアからインストールしてください。


2015年10月18日日曜日

Googleセーフブラウジングで確認するリンクを追加しました

調査したIPアドレスをGoogleのセーフブランジング機能を使って調べるリンクを追加しました。

  • Google がこのサイトを巡回したときの状況
  • 不正なソフトの感染を広げる媒介をしていたかどうか
  • サイトで不正なソフトウェアをホストしていたかどうか
等についての調査が可能となります。

2015年10月13日火曜日

IPv6アドレスの検索に対応しました

www.iputilities.netがIPv6アドレスの検索に対応しました。

特に利用方法はIPv4の場合と変わりません。IPv6アドレスを検索ボックスへ入力しますと、以下のように検索結果が表示されます。




なお、IPブラックリストの検索については、未だIPv6をサポートしていません。現在のところ、Ipv6に対応しているのはトップの検索画面のみとなります。

IPv4アドレスの枯渇が進む中で、今後IPv6アドレスの利用が少しずつ増えていくかと思いますが、IPv4だけでなく、IPv6アドレスの検索にも役立てれば幸いです。